一人親方になったら個人事業主になりました、という申告を税務署へ行います。毎年1月1日から12月31日までの売上と仕事に必要で使ったお金を計算して税務署へ確定申告を行います。確定申告は毎年2月半ばから3月半ばまでの間に行います。一人親方の確定申告はどうやって行うのでしょうか?

まず、1月1日から12月31日までの間に、誰からどんな注文を受けて、その仕事を行っていくらいただいたのかということをすべて一覧にします。

12月31日までの間に仕事をしたけどまだお金をもらっていない分も「売掛金」として計算に入れます。

次に、1月1日までの間に仕事に関して使ったお金を計算します。交通費、仕事に必要な道具の購入費用、仕事用の車のガソリン代などです。家庭と仕事共用の車を使っている場合は、家庭で何割使い、仕事で何割使ったという比率に応じて確定申告の費用を計算します。

このように売上と経費を計算して確定申告を行うと、その年に支払うべき税金の額がわかります。一人親方が確定申告を行わないと脱税に問われることもありますので、忘れないようにしてください。確定申告の方法がわからない一人親方の皆様は税理士へ相談してください。

一人親方 確定申告 経費

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ